アーティスト・イン・レジデンス(AIR)

問屋まちスタジオでは「制作」「発表」「企画」「交流(レジデンス)」の複合的な機能の充実を目標に、その予算獲得も含め自立した運営方法を模索しています。
 その中でもレジデンス機能はその他の機能とリンクしながらより全体を発展、進化させる重要な機能と位置付けており、将来的には国内外の様々な分野の人々の交流の拠点として発展していくよう、制度や宿泊機能、サポート体制の充実に向け取り組んでいます。
展示空間について →こちら
間取り図

スタジオ間取り図



問屋町スタジオ「第1回 トレーラーキャンプ」の様子。
7名のアーティストが約一ヶ月、滞在も試みながら現地制作と発表を行いました。
  • レジデンス風景01

    公開制作①


  • レジデンス風景02

    公開制作②


  • 公開制作の様子③

    公開制作③


  • レジデンス風景04

    公開制作④


  • 公開制作の様子⑤

    公開制作⑤


コメントは受け付けていません。