人が動く

人間の営為には本来、労働と創造は共存していましたが、近代以降労働の比重が増し、創造を浸食していると言われています。その中で、( 一部の) 作家やギャラリーは絶えず両者を横断し活動しています。しかしこれは、芸術家に与えられた特権ではないのです。

今回、私は「働く」ということを「労働」の意味だけでなく、「作用」という意味にも焦点をあてたいと思っています。それは、本展に参加する5 名の作家と1 軒のギャラリーの作品や活動が身体的であると同時に、自身とは違うものに働きかけている( 意味:自分から相手になんらかの動作、作用を与える) と捉えているからです。

そうすることで、「働く」という事象を曖昧にし、誰もが労働と創造を横断できる状態を生み出すことが可能になるのではないかと考えています。

本展では作家の作品展示に加え、問屋町の方々( 企業) やその他ゲストをお迎えし、人間の活動にせまるトークイベントを行います。その中で、どこに共通項があるのか、互いを参考にできるのか、同じ労働者として語り合えるのかなど、それらを確認し合う機会にし、両者が互いのすぐ目の前にあるということの証明を試みます。

参考文献:ハンナ・アレント「人間の条件」ちくま文芸文庫、1994( 原書 1958)

別府 充貴


会期:2015 年11 月21 日( 土) - 12 月20 日( 日)

開場時間:金:13 時~19 時  土・日・祝:13 時~18 時

休場日:月・火・水・木( 但し、祝日開場)

会 場:問屋まちスタジオ( 金沢市問屋町1丁目90)

料 金:入場無料

主 催:人が動く展実行委員会

協 力:協同組合金沢問屋センター、金沢美術工芸大学、ad:lib、芸宿ge-Shuku

問い合せ:080-1456-7471( 別府)


[参加作家]
レンタルズ( 今西 勇太と小杉 晶)
新谷 健太
二藤 建人
野本 直輝
別府 充貴
The room below

[関連イベント]
・オープニングアーティストトーク
2015年11月 21日(土)16:00 〜
ゲスト:武田雄介( 美術作家)
※終了後、オープニングイベントあり

・トークイベント「会話」
金:18 時~19 時 土・日・祝:15 時~16時
毎週末、展覧会会場にて、出品作家、問屋町の方々、様々な分野のゲストをお招きし、
会話をします。各テーマの中で、各々が他者と比較し、差異や共通項を確認します

11 月 22 日(日)   「子育て」について
   23 日(月・祝) 「感謝」について
   27 日(金)   「休暇」について
   28 日(土)   「競争」について

12 月 4 日(金)   「目標」について
    5 日 (土)   「こだわり」について
   11 日(金)   「効率」について
   12 日(土)   「ミス」について
   18 日(金)   「購入」について
   19 日(土)   「協働」について

・クロージングアーティストトーク
2015年12 月20 日((日) 16:00 〜
ゲスト:山本和弘( 栃木県立美術館シニアキュレーター)
※終了後クロージングイベントあり